FC2ブログ
2011'01.11.23:19

2010年の読み物

去年はほとんど本を読んでない気がする。実際どれぐらい読んでないか調べてみた。1年で8冊。一時期忙しかったとはいえ、1ヶ月に1冊も読んでない。流石にショック。しかし嘆いても読了数は変わらないので、とりあえず感想らしきものをまとめてみよう。


探偵伯爵と僕 / 森博嗣
オチがよく分からなかったが、まぁ特筆すべきところもなく、普通の森博嗣。悪くもなく、良くもなく。考察をみたらまた変わるかも。

そして二人だけになった / 森博嗣
一般の人間が決して知ることのない、A海峡大橋橋のアンカレイジ内にあるシェルタ「バルブ」と呼ばれる大型居住空間で起こった密室殺人事件。設定と話の運びは素晴らしい。それだけにオチの意味不明っぷりが非常に勿体ない。明らかにエピローグはいらなかったよなぁ…。

レタスフライ / 森博嗣
氏の短編を読むのは初めて。不安だったけど「ライ麦畑で増幅して」が泣きそうなぐらい素敵だった。Xシリーズ前日譚なので明らかに人を選ぶけど、本当に良い話だった。

今夜はパラシュート博物館へ / 森博嗣
「どちらかが魔女 Which is the Witch?」のオチに唸らされた。ただこれが出だしの一作目なせいで、他の作品が霞んでしまった感がある。

水槽読本 / 汀こるもの
Thanatosシリーズの前日譚や、完全犯罪研究部をつなぐサイドストーリーが収録された短編同人誌。相変わらずアクアの蘊蓄も凄いが、短編もなかなかいけるようで満足。印字が荒いのは同人クオリティということで仕方ないか。


総括。大賞:受賞作なし。そんな感じ。レタスフライが僅差でトップかもだけど、森博嗣のシリーズものを読んでることが大前提だし。他はほとんどが微妙なカスり方。あとは小説じゃないけど、映画のゴールデンスランバー/原作:伊坂幸太郎 監督:中村義洋 を見た。これは万人にオススメできる出来でした。あまりにも読んだ小説がしょんぼりな結果だったので、無理矢理映画でお茶を濁してみた。

今年は最低でも月1冊は読んでいきたいな。笑えないほど積んでるし。30冊を余裕で超えてるだろな。試しにちょっと数えてみた。…自分が買った分だけで67冊積んでた。有り得ねぇ。うち西尾維新が24冊で、森博嗣が17冊でした。うーん、本棚はまだ余裕あるけど、流石に精神的によろしくない。今年は頑張ろう…。
読み物トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Siren. All Rights Reserved.