FC2ブログ
2009'03.31.23:52

09年1~3月の読み物

インフルエンザで死んでたり、仕事忙しかったり、7ドラやってたり、螺鈿迷宮が面白くなくて途中で投げそうになったり、冷たい校舎の時は止まるが分厚すぎたりで、正直ほとんど読んでなかったりする。


螺鈿迷宮 / 海堂 尊

前作の「ナイチンゲールの沈黙」よりはまだマシだったけど、それでも「チーム・バチスタの栄光」には遠く及ばない。そんな感じの評価。オチがファンタジーなのかSFなのか妄想なのかはっきりしないのは前回と同じ。むしろ今回は漫画っぽいか。間違いなくミステリーではない。ストーリーも序盤で容易に想像できてしまいがっかり。

けどまだ前作と違い、作者のいいたいことっぽいのが見えてきたのはよかった。


冷たい校舎の時は止まる / 辻村深月

初辻村深月。どうやら透明感のある文章っていうらしい。今まで読んだ中では「心理描写に重きを置いた伊坂幸太郎」って感じ。若干意味不明。中身については、人物描写がしっかりしてる。何よりキャラクターの心情・心理の描写が上手い。ただ冗長な部分も。これもミステリーというよりは、SFというかファンタジーというか。終盤の怒涛の種明かしについては唸らされた。読み物として面白かったので、次も購入予定。

ただ犀川林オチについてはどうなんだ。まぁ気付かない方が悪いんだけどさ。
読み物トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Siren. All Rights Reserved.